バスケ塾とは

ファーストステップ・バスケットボール塾は、「もっともっとうまくなりたい!もっと強くなりたい!」そんな選手の声に答えるためのスポーツ塾です。

現在の日本ではバスケットボールを教えてもらおうと思ってもなかなか指導者を選ぶことができません。たまたま入ったミニバスのクラブや中学校のバスケットボール部によい指導者がいれば、上手になることができますが、そのように恵まれた選手はごく一部でしかありません。「こうした状況をなんとか打開したい!」という強い思いからファーストステップ・バスケットボール塾が始まりました。

ここでは主に「もっとうまくなりたい!もっと強くなりたい!」と思っている選手たちに将来にわたってうまくなるため、強くなるための”カラダの使い方”および”バスケットボール・ファンダメンタル”の指導に力を入れています。
ファンダメンタルをしてもすぐにうまくならないからと思っている選手や指導者、保護者の方もいらっしゃると思います。しかし、何事も基礎が身についていないと大きく進歩することができません。逆にファンダメンタルをきちんと身につければ、将来飛躍的に向上する可能性が広がっていくのです。

ファーストステップ・バスケットボール塾でファンダメンタルに取り組むと3、4ヶ月もすると見違えるように上達し、これまでうまくできなかったプレーがどんどん身についていくことでしょう。こうしたバスケットボールを行うための土台づくりをすることで、個人の力を伸ばすとともに所属のチームに戻ってからもチームのプレーでの応用が可能になってきます。

当塾でしっかりとした土台(ファンダメンタル)を身につけ、それをチームで活かす。ファーストステップ・バスケットボール塾は「個人」と「チーム」とをつなぐパイプラインになれることを心から願っております。

塾長 森川 靖