モニター・レポートVol.3『新しい可能性への気づき』(その1)

東京アンデルセンさんでの、子どもOS 動きづくりエクササイズ・モニターの3回目を2017年9月5日に行いました。

こちらのページで、STEP1開始前からSTEP3開始前までの変化をごらんください。
(http://www.fir-st.jp/2017/09/07/monitor20170905-02/)

STEP3のキーワードは「しめる」です(ちなみにSTEP1のキーワードが「ゆるめる」、STEP2が「かんじる」です)。
内容的には、STEP1と2に比べてグッと難しくなります。
そのため、みなさん最初はかなりとまどっている様子でした。
そこで、STEP2の復習であるお腹を絞る動きなどを再確認しながら、限られた時間のなかで丁寧に進めていきました。

説明・試技・実施というサイクルのなかで、こちらとのやり取りに加えて、チームのみなさんがお互いに「どんな感じ?」と話し合いながら取り組んでいる姿がとても良かったと思います。

そんななか、今回は特にSHさんの出来がとてもすばらしかったです。
それを間近で見て、実際にカラダにも触れた代表の宮本さんが「すごいな!」と、とてもビックリしていました。
SHさんも「ちょっと感覚がわかってきました。」と良い笑顔で帰っていきました。
聞けば高校3年生のSHさん、高校での部活動終了後(いわゆる日本で言うところの引退・・・)、1時間ぐらいかけて通って東京アンデルセンさんの練習に参加しているとのこと。
今回ここで何かのご縁で動きづくりエクササイズに触れて、手応えをつかみ、そして自身の新しい可能性に気づきつつあるのではないかな?と感じました。

さて、参加のみなさんにもお伝えした通り、このSTEP3をどれだけ取り組めるかで最後が大きく変わってくると思います。
うまく時間を作って継続してもらえることを願っています。

次回STEP4もまた楽しみにしています!

みなさん!まだモニターのお申込みは可能です。
この機会にファーストステップの動きづくりを体験してみてほしいと思っております。
ぜひ、楽しく笑いながらご自分のカラダと向き合ってみませんか?

引き続きお申込をお待ちしております。

◎子どもOS 動きづくりエクササイズ・モニター
http://www.fir-st.jp/2017/06/21/kodomoos_monitor_recruitment/

◎ファーストステップメールアドレス
E-Mail:info@fir-st.jp

20170905_5392_m

20170905_5365_m

20170905_5366_m

20170905_5384_m

20170905_5367_m

20170905_5400_m

20170905_5401_m

20170905_5370_m

20170905_5371_m

20170905_5372_m

20170905_5415_m

20170905_5417_m

20170905_5373_m

20170905_5374_m